ランドセル素材は何がいい?素材の種類・丈夫さの違い

ランドセル 素材
 
ランドセルの素材として使われるものは主に3種類が使われています。
それによってランドセル 種類もだいたい決まっていき、どれを使えばいいのか参考になっていきます。
 
ランドセルは通常6年間同じものを使い続けることになります。
男の子であればいかに丈夫なものがいいか、女の子であれば6年後もおしゃれなものとなるかどうか、そういったところが決め手となることがあります。
 
その中でも素材は丈夫さなどを左右するという点で重要な要素となっていきます。
6年間痛まないように無事使えるランドセルの素材はどんな物が相応しいのでしょうか?
 
主に使われている3つの素材について紹介していきますね。 
 

多くのランドセルで使われている3大素材とは?

1 人工皮革(クラリーノ)

クラリーノ素材
 
ランドセルの素材の中で最も多く使われているのは人工皮革、いわゆるクラリーノと呼ばれる素材です。
クラリーノのメリットとしては大変軽く、雨や傷に強い、お手入れいらずというのがあります。
 
軽いランドセルというのは近年人気を集めており、これだけの教科書、荷物を入れても軽くて持ち運びも簡単というのが売りになっており、大多数がこうしたクラリーノのランドセルを購入しています。
 
ランドセルを背負うのは6歳の子どもであり、小柄な子が多く、重いランドセルでは負担になることから、そうしたランドセルが人気になるのも当然といえば当然です。
 
型崩れしにくいのも特徴となっており、6年間使っていても丈夫さを維持できるというのが一般的な考え方です。
 
デメリットも少ないのが特徴ですが、ほぼ唯一のデメリットがいわゆる質感の問題です。6年間使い込むとさすがに汚れや傷、雨や汗など様々なものが付着し、それが質感となって出てきます。
 
しかし、クラリーノはいつまでたってもそうした質感があまり表に出てこないという特徴があります。このため、安っぽさが出てしまうことが問題という向きもあります。
 
裏を返せばいつまでも新品、古さを感じないということにもつながるため、デメリットも致命的なものではないことがわかります。
 

2 天然皮革(牛革など)

牛革 素材
 
牛革などの天然皮革は、クラリーノのデメリットで挙げられた質感という部分では素晴らしい風合いを6年間で出すことができ、高級感も表現することが可能です。
 
ランドセルは親のみえ?のようなものが現れやすく、これだけ高いものをあの子の両親は与えたのか?ということを周囲に知らせていくためにも有効かもしれません。
 
天然皮革は丈夫さという点で人工のものには負けておらず、種類も豊富にあり、値段にも様々な価格帯のものが存在します。
 
ただデメリットとして水に対する弱さがあります。
 
もちろん防水撥水加工はしっかりとなされていますが、雨に降られた場合、常にランドセルの手入れをしておく必要があります。子どもはそんなことはおかまいなしなため、お手入れの仕方を教えるか、親が手入れをしてあげることが大事です。
 
また、人工のものに比べて牛革などは少し重いのも特徴となっており、値段が高いということや本当に6年間使うのか、ひょっとしたらランドセルを使わなくなるのではないかといった考えから安い人工皮革のランドセルを買い与えるというのもあるようです。
 

3 コードバン

コードバン 素材
 
もう1つの素材として、馬革、コードバンがあります。ランドセルの素材ということを考えれば、コードバンが一番高級な素材であり、耐久性を考慮しても群を抜いています。
 
コードバンのランドセルが高価な理由として、1頭の馬から採取できる素材の量と大きく関係しています。馬1頭あたりランドセルのかぶせの部分2枚分しか採取することができません。
 
また、実際に採取したコードバンはすぐに使えるわけではなく、十分になめしを行い、1年近くかけて完成させていくことになります。あくまでこの段階は素材に関する時間であり、実際にランドセルにしていくのはそのあとのことです。
 
1つのコードバンのランドセルを完成させるために馬2頭分が必要であることを考慮すれば、当然ランドセルの値段は高くなり、10万円近くになっても決して不思議ではありません。
 
コードバンの特徴として太陽光によってランドセルの色が変化するというのもあり、質感などを考慮すれば最高級であることもうなずけます。
 

どんな小学校へ通うか

ここで考えたいのが、どのような学校に子どもを通わせるのかという問題です。
例えば、公立小学校のようなところであれば、ランドセルを雑に扱う子どもが多く、実際に学校でも雑に扱われるのが実情です。
 
そんな中、コードバンのランドセルを持っていかせても、子どもにはそうしたことはわからないため、せっかくのものが台無しになることも考えられます。
 
丈夫さという点ではこれら3つの素材における差はさほどないため、クラリーノのランドセルを持たせるというのが無難と言えます。
 
一方、私立の小学校に通わせる場合やその子どもの家が名家と言われるような場合、雑な扱われ方というのは考えにくく、むしろそのあたりの品定めをされる可能性もあります。
 
ランドセルの素材を決める際には、予算もありますが、せっかくいいものを買い与えても雑に扱われるのではないかというところも考えてみてくださいね。
 
 
 

コメントは受け付けていません。