ランドセルの起源と語源について調べてみた

意外に知られていないランドセルの歴史とは?

今ではごく自然の光景となったランドセルを背負う微笑ましい小学生の姿。
そのランドセルですが、歴史や語源について意外に知っている人は少ないですよね?
 
実はランドセルの歴史・起源を辿ってみると幕末・明治時代にまで逆上ります。
 
幕末時にオランダから日本に輸入された軍隊で使用するための「背のう」がランドセルの原型となっています。
 
 
今で言うカバンというより軍事用品入れの布袋みたいなもので、使用目的が全く異なっていました。
 
中に入れていた物は主に食糧、弾薬、下着、生活用品などで、袋の外側にはテント、外とう、飯ごうをくくり付けていたそうです。
そう考えても今のランドセルよりきっと大きくて、中にも沢山収納できていたのでしょうね。
 
素材も布から毛皮、革制へと頑丈になり、使用目的や時代背景とともに変わっていきました。
そして1887年に学習院の勉強道具入れとして採用されたのが今で言うランドセルです。
 
 
 
 
 
 
 
明治20年に、大正天皇の学習院ご入学祝いとして伊藤博文が箱型の通学かばんを献上した際に贈られた物こそランドセルということです。
 
 
今見ても箱型かばんの形は大きく変わっていないことからも、両手がフリーになる使い勝手の良さ、丈夫で長持ち、雨にも強いなどの利点が多いことも通学リュックの定番として根付いたということでしょうね。
 
学習院型ランドセル(ミキハウス:牛革ランドセル)
 
現在では型崩れ防止・お洒落さの追求から、従来の学習院型ランドセルと、角を丸めたコンパクトで中に沢山道具を収納可能なキューブ型ランドセルが登場しています。
 フラットキューブ型ランドセル(ナース鞄工:KIDS AMI)
 
どちらが良いか?と言うよりもお子さんの好みで選ばれているようですね。
 

ランドセルの語源は幕末のオランダにあり?

ランドセルってよく聞くと何か変わった言葉ですよね^^
 
気になる語源ですが、辿ってみると幕末時にオランダから輸入された「背のう」に行き着きます。
この背のうをオランダ語では「ransel」ランセルと発音することから、日本で「ランドセル」と呼ばれるようになったようです。
 
実際は発声してみると「ランセル」の方が言いやすいので外国人にはランセルの方が通じるかもしれませんね^^
 
 
最近は外国人の子ども・大人・男女関係なく日本のランドセルがオシャレで可愛いファッションアイテムの一つとして人気上昇中です。
 

Instagramより

 
海外のお友達にプレゼントしてみると喜ばれるかもしれませんね☆
 
 
 
参考サイト
一般社団法人 日本鞄協会ランドセル工業会 ランドセルくらぶ
http://www.randoseru.gr.jp/history/rekishi.html
COMZINE バックナンバー
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no011/long_seller/
 

コメントは受け付けていません。